沖縄旅行を計画する際に必ず
ガイドブックやパンフレットに載っている観光スポットがあります。

それが、沖縄を代表する水族館「沖縄美ら海水族館」!

ここでは、沖縄美ら海水族館の魅力を余すことなく
ご紹介したいと思います!


沖縄美ら海水族館と言えばジンベイザメ!

全長8.7mもの巨大ジンベイザメを同時飼育に成功しているのは
ここ沖縄美ら海水族館だけ!

そんな巨大なジンベイザメを飼育するため
水槽も桁違い!巨大アクリルパネルは高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cm、パネル総重量135トン
魚が優雅に泳ぐ姿はまさに感動さえも覚えます。

ジンベイザメの飼育は難しく、
その生態はまだ謎に秘められているようです。

そんなジンベイザメを日々研究、飼育に切磋琢磨した結果の賜物かと思います。

さらに巨大アクリルパネルは一時ギネス世界記録にも認定されるほど
巨大なものでした。


エイ類最大のナンヨウマンタ!

こちらもエイ類最大にして複数同時飼育が困難とされていた
ナンヨウマンタを飼育に成功!飼育実績も世界一。

飼育に成功したカギは、
魚が水槽の中で生息する上で欠かせない海水を絶えず供給する
独自のシステムにあります。

これにより、巨大マンタの優雅に泳ぐ壮大な姿を見ることが可能となりました。


沖縄美ら海水族館のエリアガイド

美ら海水族館のエリアガイドは大きく分けて4つあります。

・大海への誘い
・サンゴ礁への旅
・黒潮への旅
・深海への旅

先にご紹介したジンベイザメやマンタがいるのは
「黒潮への旅」になります。

「サンゴ礁への旅」は、沖縄を代表する
サンゴ礁の海を水族館で見られる珍しいエリアです。

「深海への旅」では、深海に生息する神秘の生物、
約70種類を間近で見ることができます。

その他も見どころ満載のためぜひ見てみてください。


沖縄美ら海水族館の料金

 大人 1,850円
 高校生 1,230円
 小中学生 610円
 6歳未満 無料


沖縄美ら海水族館のアクセス方法

 住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
 沖縄美ら海水族館は、本部町にある海洋博公園内にあります。

 土地柄、レンタカーでアクセスすることをおススメします。
 バスでもアクセス可能ですが、時間的制約があるため
 旅行には不向きと考えます。