1993年、世界遺産に登録された鹿児島の南に位置する島「屋久島」
神々が宿ると昔より言い伝えられ、ジブリ「もののけ姫」の舞台になった場所です。

シーズン(夏場)になると観光客で賑わう
島の面積は504.88 km2、人口わずか1万名程度の小さな島。

屋久島を観光する最大の目的は「縄文杉」!

屋久島観光に役立つおススメの観光スポットをご紹介したいと思います!


樹齢7200年の縄文杉

屋久島ツアーでよく登場する縄文杉。
縄文杉までの道のりは道も舗装されておらず、車で行ける距離も限られ
徒歩で1日かけてやっとたどり着くことが出来る場所にあります。

その姿は見るものを圧巻。
樹齢7200年の歴史がそこには詰まっています。

パワースポットとしても有名になりつつあり、
男性だけでなく、女性やカップルで縄文杉までトライする観光客が増えています。

しかし、気軽に軽装で行っては痛い目を見ます!
必ず入念なトレッキング用の服装で挑戦しましょう!

縄文杉が目的ではなく、トレッキング目的であれば軽装でも構いませんが、
長時間の歩きには軽装では不向きです。

また、自然が織りなす対話は
もののけ姫にも登場した自然のシカが至るところで出てきます。
島の道路にシカ飛び出し注意の看板があるほど。

縄文杉まで行って帰ってくるには1日かかるため、
朝早くから出発することをおススメします。
途中日が暮れてしまっては確実に野宿になってしまうので。

縄文杉までの道のりで道中もおススメのスポットがあります。


ウィルソン株

その第1弾が「ウィルソン株」
ここも観光名所の1つですが、何が名所かと言いますと
胸高周囲13.8mもの巨大な切り株の中に潜り込み
天を仰ぐとそこにはくっきりハートマークになった切り株が存在します。

このウィルソン株まで見に来る人もいるようです。


白谷雲水峡

もののけの舞台となったと言われる「白谷雲水峡」。
森林の独特なマイナスイオンを放ち、
本当に森の精に出会いそうな幻想的な場所。

いくつかのトレッキングコースに分かれており、

弥生杉コース・・・1時間
苔の森コース・・・2時間
太鼓岩往復コース・・・4時間
奉行杉コース・・・3時間
三本足杉コース・・・1時間
太鼓岩+奉行杉コース・・・5時間

トレッキング初心者の方でも、周りの景観を楽しみながら
歩くことができるので、「太鼓岩」まで行かれてもおススメです。


太鼓岩

トレッキングコースの最終目的地。
太鼓岩からの眺めは絶景!苦労してトレッキングした甲斐があったと感じるほど。

今までの小さな悩みや日々の疲れも吹き飛ばしてくれる、
忘れさせてくれるほど感動的なシーンが目の前に広がっています。


屋久島フルーツガーデン

屋久島ならではのフルーツを試食することもできる場所。
温暖な気候で、とても大きな樹木がところ狭しと育っています。


屋久島までのアクセス

屋久島までのアクセス方法は大きく3つに分かれます。

・飛行機
・高速船
・フェリー

高速船がもっともポピュラーなアクセス方法です。
時間に余裕のある方はフェリーでゆっくりと旅を楽しむのもよしです。

屋久島など離島は天気が悪化する確率が高く、
実際屋久島まで旅行へ行った際、ほぼ雨でした。

高速船で変える時も天候が悪化し、海は大荒れ、
欠航便が出るほどです。

天候まで予測することは不可能であるため、
旅中ずっと天気が良かったらかなりの幸運の持ち主です!

梅雨の明けた夏~秋にかけてが旅行シーズンになります。



以上が屋久島のおススメの観光スポットです。
縄文杉をはじめ、数えきれない屋久杉を見ることができますが、
一番の目的はトレッキングにあると思います。

今年の夏、屋久島へ尋ねてみてはいかがでしょうか。